« 第155回  「WACC(加重平均資本コスト)」 | トップページ | 第157回 「FOBとCIF」 »

2010年8月 9日 (月)

第156回 「ABC分析」

第156回は、運営管理より「ABC分析」です。 

「shindan156.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

ABC分析

「アメリカ人 品格に欠け 金八にハマる。定期的に」
「イギリス人 品川でニコニコ 近畿に行こう」
「中国人 ビンゴで 金庫当たる 量もダブル!」

アメリカ人(American)=品目

金八 =在庫額 80%

定期的に = 定期発注方式

②イギリス人(British) = B品目

品川でニコニコ =品目 20~50%

近畿に行こう =在庫金額 15%

③中国人(Chinese) = C品目

ビンゴ = 品目50%

金庫 = 在庫金額5%

量も = 定量発注方式

ダブル = ダブルビン方式

ABC分析

多くの在庫品目を扱うときに、品目の取り扱い金額、もしくは量の多い順に、A・B・Cの3種類に区分して、管理の重点順位を決めるのに用いる分析手法です。

重点管理

在庫金額の総額80%が全在庫品目のうち20%で占められているという状態を前提としています。
・A品目 品目数累計上位 20%の品目。これらの品目で在庫金額の80%に達します。定期発注方式を採用
・B品目 品目数累計上位20%~50%の品目。在庫金額に占める割合は15%。
・C品目 品目数累計上位50%の品目。在庫金額に占める割合は5%。定量発注方式またはダブルビン方式を採用します。


ABC分析について、A品目、C品目の管理上のポイントは秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉20~21ページをご覧ください。

おことわり:今回のゴロ合わせは誤解を招く表現がありますが、覚えやすさを重視しております。米国民の方に対する意見等では一切ありませんのでご了承ください。

---
今回の担当はイジューインでした。では、また次回お会いしましょう♪
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

|

« 第155回  「WACC(加重平均資本コスト)」 | トップページ | 第157回 「FOBとCIF」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第155回  「WACC(加重平均資本コスト)」 | トップページ | 第157回 「FOBとCIF」 »