« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

第150回記念スペシャル~市場細分化の要件スペシャル版~

★第150回の放送を迎えることができました★

みなさまの応援のお陰で、第150回を迎えることができました。
また、登録者数も先日、10万人を超えました。
今後もさらに一層、有益な情報を発信していきますので

引き続き、応援を宜しくお願いいたします。

                    中小企業診断士暗記研究会


----------------------------------------------

第150回は、150回記念スペシャル、企業経営理論より「市場細分化の要件」です。

「shindan150.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

市場細分化の要件

「試乗の際はそっといじって」

試乗市場細分化の要件
そっ定可能性
達可能性
持可能性
じって=行可能性

=====================================

市場細分化の要件の詳細

細分化された市場が有用であるためには以下の要件を満たさなければいけません。

測定可能性
細分化された市場の規模および購買力を容易に測定できること。

到達可能性
細分化された市場に対し、効果的に到達しマーケティング活動を行えること。

維持可能性
細分化された市場が十分な規模を持ち、対象となりうるだけの十分な利益が得られること。

実行可能性
細分化された市場を引き付けられる効果的なプログラムが実行できること。


イメージや、用語解説の詳細については秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉134~135ページをご覧ください。

イジューインでした!では、また次回お会いしましょう♪
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 
中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

第149回「組織学習」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ①

「秘伝!社労士暗記術」のオープニングテーマの『Flavor』と、ヨーヨー世界チャンピオンBLACKのテーマ曲『Thankful Days』が収録された両A面シングルがiTunesより発売されました。本当に長い間お待たせいたしました!

曲は以下より試聴と購入ができるので是非聞いてみてください!以下の写真クリックで購入することができます。

Flavor/Thankful Days

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
2010年2月18日より同友館より発売中です!

amazonでも「在庫あり」の状態に戻りました。大変お待たせいたしました。

2010年版では、ゴロ合わせ帳(データ版)をプレゼントしています。右サイドバーよりダウンロードしてみてください!

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ③


秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)

2010年4月15日に同友館より発売!!

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。詳細は「秘伝!社労士暗記術」の公式ブログまで!


amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

---

第149回は、企業経営理論より「組織学習」です。

「shindan149.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

組織学習

「ソガさん、定時に全身で工事ダンスだ」

ソガ

定時低次学習

進的な学習

シングルループ学習

工事高次学習

ダンス=続的な学習

ブルループ学習

ゴロ合わせとゴロ合わせの詳細は秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉110~111ページをご覧ください。

組織学習
について

(1)組織学習

組織あるいは、その組織の構成員が新しい知識を獲得する活動、またはプロセスを指します。組織学習を通じて、組織のなかに情報的経営資源が蓄積されます。その活動の成果が組織文化の形成になります。

(2)組織の発展過程
組織は、漸次的進化過程と革新的変革過程の2つの変化プロセスを経て発展していきます。
詳細は秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉110~111ページをご覧ください。

(3)組織学習の種類

①低次学習
組織の発展プロセスにおける漸進的進化過程に対応している、漸進的な学習のことであり、主にシングルループ学習を指します。ここで言うシングルループ学習とは、「既存の制約条件」「枠組みの中で行う学習」「学習活動」のことです。

②高次学習
組織の発展プロセスにおける革新的変化過程に対応している、断続的な学習のことであり、組織全体に影響を与えるような学習やダブルループ学習を指します。ダブルループ学習としては、「既存の価値や目標、政策などの枠組みを超えて行う学習」などが該当します。

---
以上、イジューインでした!
暑い日が続いていますので、体調管理を万全にしましょう!
W杯観戦ガマンしている方もツラいと思いますが、
ここはこらえて、奇跡の勝利を目指してがんばってください!

では、また次回お会いしましょう♪
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 
中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

第148回 「LM曲線」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ①

「秘伝!社労士暗記術」のオープニングテーマの『Flavor』と、ヨーヨー世界チャンピオンBLACKのテーマ曲『Thankful Days』が収録された両A面シングルがiTunesより発売されました。本当に長い間お待たせいたしました!

曲は以下より試聴と購入ができるので是非聞いてみてください!以下の写真クリックで購入することができます。

Flavor/Thankful Days

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
2010年2月18日より同友館より発売中です!

amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

2010年版では、ゴロ合わせ帳(データ版)をプレゼントしています。右サイドバーよりダウンロードしてみてください!

ちなみに、第1巻、第2巻を同時購入された方への特典である、「秘伝!診断士暗記術」公開収録については全て終了いたしました。皆様のご応募ありがとうございました。

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ③

秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)

2010年4月15日に同友館より発売!!

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。詳細は「秘伝!社労士暗記術」の公式ブログまで!


amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

---

第148回は、経済学・経済政策より「LM曲線」です。

「shindan148.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

LM曲線

「ラーメン好きな亜美嬢が強調。『麺はゆるめに。果汁だ、少々。ミカ兄弟は少しブス。』」

ラーメンLM曲線

亜美=(形)右上がり

強調=(線の側)

麺はゆるめに。果汁だ少々。=(傾きがやかになる要因)要の利子率弾力性が得弾力性が

ミカ兄弟少しブス=(シフトする要因)給の増準の低下()

ゴロ合わせとゴロ合わせの詳細は秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉48~49ページをご覧ください。

LM曲線
について

ゴロ合わせをまとめると以下の表のようになります。

LM曲線 内容 ゴロ合わせ
右上がり アミ
線の 強調
傾きが緩やかになる要因 要の利子率弾力性が
得弾力性が
麺はゆるめに。
果汁だ
々。
シフトする
要因
給の増
準の低下()
ミカ兄弟
少しブス

(1)LM曲線、IS-LM分析、イメージや、イメージ図、用語解説の詳細、関連用語(流動性のわな、金融政策について)は、秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉47~49ページをご覧ください。

(2)過去問については、秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉161~162ページをご覧ください。

---
今回は、先日に引き続き、名古屋からポンタさんに収録にお越しいただきました。
試験まであと少しになりましたが、ポンタさんをはじめ、
受験生の皆様のご健勝をお祈りしております。

診断士試験は「視点が変わる」「視点が開ける」試験だと言います。
皆様も合格されたら、是非この感覚を味わって欲しいなと思っています。

庵谷でした!では、また次回お会いしましょう♪
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

第147回 「IS曲線」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
2010年2月18日より同友館より発売中です!

amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

2010年版では、以下の2つの特典を用意しております。

(1) 同友館のHPより、ゴロ合わせ帳(データ版)をプレゼント

「ゴロ合わせ自体が覚えにくい!」という方のために
それを覚えるためのゴロ合わせ帳(PDFデータ)をプレゼント!
右サイドバーよりダウンロードできます。こちらからダウンロードしてください。

(2) 第1巻、第2巻を同時購入された方には「秘伝!診断士暗記術」公開収録へご招待

抽選で当選された方には、「秘伝!診断士暗記術」の公開収録へご招待します。

応募方法はshindan.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下の2つの項目をご記入の上、ご応募下さい(スパム防止のためこのように表記してあります)。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 「秘伝!診断士暗記術」の感想

原稿はこちらで用意しますので、話すのが苦手な方もご安心下さい。聞きやすく話すためのコツも伝授いたします。


約10万人のリスナーの方がいらっしゃいますから、自己アピールの場としても活用できます。

次回の収録場所は、神奈川県溝口近辺で行う予定です。
収録当日に上下巻をお持ち下さい。
ちなみに、第3回目(一次試験前最後)の公開収録は6月24日の20時ごろ~に行います。

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)

2010年4月15日に同友館より発売!!

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、
最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。
読者特典等の詳細は「秘伝!社労士暗記術」の公式ブログまで!

amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

---

第147回は、経済学・経済政策より「IS曲線」です。

「shindan147.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

IS曲線

「アイス好きなミサ嬢が強調。『ゆるい勉強で東大は限界だい。右の私大に逃げようぜ』」

アイスIS曲線

ミサ=(形)右下がり

強調=(線の側)

ゆるい勉強で東大限界だい=(傾きがやかになる要因)資の利子率弾力性が限界消費性向が

私大に逃よう=(シフトする要因)政府出の増加()、減税

ゴロ合わせとゴロ合わせの詳細は秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉46~47ページをご覧ください。

IS曲線
について

ゴロ合わせをまとめると以下の表のようになります。

IS曲線 内容 ゴロ合わせ
右下がり ミサ
線の 強調
傾きがやかになる要因 資の利子率弾力性が
限界
消費性向が
ゆるい勉強で東大
限界だい
シフトする
要因
政府出の増加()減税 私大
よう

(1)IS曲線、IS-LM分析、イメージや、イメージ図、用語解説の詳細、関連用語(流動性のわな、金融政策について)は、秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉46~49ページをご覧ください。

(2)過去問については、秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉161~162ページをご覧ください。

庵谷でした!では、また次回お会いしましょう♪
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »