« 第144回「限界利益と貢献利益」 | トップページ | 第146回「SELECT文」 »

2010年5月24日 (月)

第145回 「消費の三大仮説」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
2010年2月18日より同友館より発売中 です!

amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

2010年版では、以下の2つの特典を用意しております。

(1) 同友館のHPより、ゴロ合わせ帳(デー タ版)をプレゼント

「ゴロ合わせ自体が覚えにくい!」という方のために
それを覚えるためのゴロ合わせ帳(PDFデータ)をプレゼント!
右サイドバーよ りダウンロードできます。こちらからダウンロードしてください。

(2) 第1巻、第2巻を同時購入された方には「秘伝!診断士暗記術」公開収録へご招待

抽選で当選された方には、「秘伝!診断士暗記術」の公開収録へご招待し ます。

応募方法はshindan.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以 下の2つの項目をご記入の上、ご応募下さい(スパム防止のためこのように表記してあります)。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 「秘伝!診断士暗記術」の感想

原稿はこちらで用意しますので、話すのが苦手な方もご安心下さい。聞きやすく話すためのコツも伝授いたします。


約10万人のリスナーの方がいらっしゃい ますから、自己アピールの場としても活用できます。

次回の収録場所は、神奈 川県溝口近辺で行う予定です。
収録当日に上下巻をお持ち下さい。
ちなみに、第3回目 の公開収録は6月24日の20時ごろ~に行います。

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)

2010年4月15日に同友館より発売!!

未 発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、
最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。
読者特典等の詳細は「秘伝!社労士暗記術」の公式ブログまで!


amazon でのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

---
第145回は、経済学・経済政策より「限界 利益と貢献利益」です。

「shindan145.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファ イルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

消費の三大仮説

「自転車で先を見ながら、平気で工場に。
そうだ、景気悪くても拉致、痴漢や人の股間を見ない」


自転車=ライフサイクル仮説 
先を見ながら
=今の消費が生涯所得(先の所得)に依存すること 
平気で
平均的
工場
に=恒常所得仮説
そうだ
相対所得仮説
景気悪くても
景気後退期でも
拉致
ラチェット効果
痴漢
時間的相対所得
人の
別の家計 
股間
空間的相対所得

ケインズ型以外の消費の三大仮説とその特徴を表しています。
3つに共通するのは、今期の消費が、今期の所得以外の要素から影響を受ける点です。

イ メージや、イメージ図、用語解説の詳細は秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉52ページをご覧ください。

消費の三大仮説

①ライフサイクル仮説
今期の消費は、今期の所得ではなく、生涯所得に依存して決まる、という仮説。そのため、生涯に渡る所得の変動を、貯蓄を通じて調整して平均化させるという消費行動が導かれます。

②恒常所得仮説
所得を恒常所得と、変動所得とに分けて考える理論で、消費は変動所得ではなく恒常所得に依存するという仮説です。

③相対所得仮説
消費は生涯所得だけでなく、過去の消費や同階層の他の人の消費に依存する、とする仮説です。
時間的相対所得:現在の消費だけでなく過去の消費にも依存する※
空間的相対所得:同じ社会的な階層に属する別の家計の消費に依存する

※景気後退期に消費水準の減少に歯止めがかかることをラチェット効果といいます

今回の担当はラチェット効果には気をつけたい46でした。では、また次回お会いしましょう♪
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 
中小企業診断士へ

|

« 第144回「限界利益と貢献利益」 | トップページ | 第146回「SELECT文」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第144回「限界利益と貢献利益」 | トップページ | 第146回「SELECT文」 »