« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

第92回 ミドルウェアの特徴

第92回は、経営情報システムより「ミドルウェアの特徴」です。

「shindan092.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

ミドルウェアの特徴

ナイスミドルは今日、機中。デブになるケース

ミドルミドルウェア
今日通利用

本処理
間ソフト

デブDBMS
ケースCASE

ミドルウェアの特徴の概要

もう少し詳しい説明、イメージとイメージ図は
秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第2巻100~101ページ
ご覧ください。

OSとアプリケーションソフトウェアとの中間的な役割を担っているソフトウェア。
共通に利用する基本処理機能を提供します。代表的なものとして、DBMS(DataBase Management System)や統合監視ツール、CASEツールなどがあります

Middleware_4

 

皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

第91回 営業秘密の3要件

第91回は、経営法務より「営業秘密の3要件」です。

「shindan091.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

営業秘密の3要件

営業の秘密をゆうよと非行中年

秘密  = 秘密管理性
ゆうよ = 有用性
非行  = 非公
知性

営業秘密の3要件

営業秘密の3つの要件は次のものです。

もう少し詳しい説明、イメージとイメージ図、および周辺知識である営業秘密の管理は
秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第2巻86~87ページ
ご覧ください。

(1)秘密管理性 
秘密として管理されていること。ポイントは、情報の保有者が「主観的に」秘密として管理していることでは不十分だとしている点です。

(2)有用性  
事業活動に有用な技術上または営業上の情報であること。有用性についても、客観的に認められる必要がある、とされています。客観的な有用性を図る切り口は以下の5点です。(1)競争優位性、(2)事業への活用性、(3)顕在的、潜在的な価値性、(4)現在的、将来的な価値性、(5)相対性 

(3)非公知性
公然と知られていないこと。つまり、保有者の管理下以外では入手できない情報、という意味です。書物、学会発表などで容易に引き出せる情報は、非公知とはいえません。そのため、情報が世の中に公開されてしまえば、秘密情報でなくなってしまうということになります。


皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

第90回 「競争戦略」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ

「秘伝!診断士暗記術」が本になりました。
『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第1巻』
『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第2巻』(ともに同友館)
右サイドバーの書籍画像クリック
でamazonのページに飛べますので、
こちらもチェックしてみてください!

2月には、amazonの中小企業診断士カテゴリで、堂々の1位、2位独占を果たしました!
また紀伊國屋書店さんでは、診断士の1か月の売り上げランキングで、
2位と4位に入るという快挙を成し遂げました。

また、皆様の応援のおかげで、なんと増刷も決定しました!
改めてありがとうございます!

----------

第90回は、企業経営理論より「競争戦略」です。

「shindan090.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

競争戦略

ポッキーとゆうたらサイコウでしゅ。

ポッーターの競争戦略
ゆー=戦略の位性
=戦略ーゲット
別化
ストリーダーシップ戦略
しゅ中戦略

競争戦略について

マイケル・E・ポーターが提唱した有名なモデル。戦略の優位性と戦略ターゲットを軸に、以下のような3つの競争の基本戦略を提唱しています。

もう少し詳しい説明と図がありますので、
書籍秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第1巻84~85ページ
ご覧ください。


差別化戦略

自社の製品やサービスを、買い手にとって魅力的な独自性を打ち出すことにより差別化する戦略のこと。競争企業に対する差別化の方法として価格以外の要素で差別化する。複数の面で差別化できることが最も望ましいとされています。

コストリーダーシップ戦略

競争企業よりも同種製品について、コスト面で優位に立つ戦略のこと。大量生産による、規模の経済や経験曲線効果を得ることで、業界におけるコストのリーダーシップを取ろうという戦略のこと。

集中戦略

特定の買い手や製品の種類、特定の地域市場などのセグメントに対して、企業の経営資源を集中する戦略のこと自社の得意分野にマッチした一部のセグメントに焦点を当てています。

リンこと、庵谷でした!では、また次回お会いしましょう♪
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

第89回 マネーサプライ

さて、第89回は、経済学・経済政策より「マネーサプライ」です。

「shindan089.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

マネーサプライ

「まさにMとのエッチは上下元気よ、上はいい、下は芳醇」

まさにMとの=M(マネーサプライ)
エッチは=H(ハイパワードマネー=マネタリーベース)
上下元気よ= 分母と分子にc(=現預金比率)
上はいい=分子に1
下は芳醇=分母にr(=備率)

マネーサプライ

【公式】

Moneysup_2 

マネーサプライは、経済に存在する貨幣量を表します。現金通貨に預金通貨を加えたものを表すことが多いですが、定期性預金や郵貯、信託などを加えるケースもあります。

マネーサプライの統計の種類

マネーサプライにおける通貨の範囲はいくつかの種類に分かれます。

①M1 :現金通貨と預金通貨の合計で、狭い意味での通貨量です。

②M2 :M1に準通貨(定期預金など、解約すれはいつでも現金通貨や預金通貨になるものことで、上記の預金通貨に準じた性格を持つ)を含めたものです。

③M2+CD :M2に譲渡性預金を含めたもの。通貨供給量の範囲としては最も一般的。

④M3 :M2に郵便貯金、農協・信用組合などの預貯金、金銭信託を含めたもの。

これらのうち日銀が発表しているマネーサプライの統計ではM2+CDがもっとも代表的な統計とみなされています。

=====================================

皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

第88回 下請代金支払遅延等防止法

さて、第88回は、中小企業政策・経営より「下請代金支払遅延等防止法」です。

「shindan088.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

下請代金支払遅延等防止法

「物品プジョーで運送、一斉にサンOpen超いい感じ。
女性はさぶいって5cm以下に。
チュー即2回したらロマン確定、遅れてチューしろ。」

【ゴロあわせの解説】

物品
プジョー
運送
物品(の製造・修理委託)
ぷじょプログラム作成
運送運送・物品の倉庫における保管
委託業務の内容①
一斉
サンOpen超
いっせい1千万(超)
さん・おぷ・ちょう3億超
①の場合の親事業者と子事業者の区分点(資本金)
女性
さぶ
果物作成
サービス→役務提供委託
委託業務の内容②
いって
5cm以下に
1千
5千
②の場合の親事業者と子事業者の区分点(資本金)
チュー即 文書時発行 親事業者の義務の内容
2 注文書類2年間保管
ロマン
確定
60(ロク・マル)
支払期日確定
れて
チューしろ
延利息
14.6(じゅうし・ろ)%

下請代金支払遅延等防止法

該当するケース

業種

親事業者の資本金

子事業者の資本金

① 物品(の製造、修理委託)

情報成果物作成委託・役務提供委託

(プログラム作成、運送、物品の倉庫における保管、および情報処理に係るもの)

3億円超

3億円以下

3億円以下

  │

1000万超

1000万以下

② 情報成果物作成・役務提供委託(①のもの以外)

5000万超

5000万以下

5000万以下

  │

1000万超

1000万以下

親事業者の義務

注文書作成

注文するときは直ちに取引条件を書いた書面を出す

注文書保管

2年間保管すること

支払期日

注文品を受け取ってから60日以内でできるだけ早く支払期日を定めること

支払遅延利息

注文品受け取り後60日以上支払わない場合は、年率14.6%の遅延利息の支払い義務がある。

親事業者の禁止行為

受領拒否

(子事業者に責任がないのに)注文品などの給付を拒むこと

支払遅延

支払期日までに支払わないこと

代金減額

(子事業者に責任がないのに)下請け代金を減額すること

返品禁止

(子事業者に責任がないのに)一旦給付を受けたものを返品すること

今回の担当は松居でした。

皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »