« 第87回 「ERPの特徴」 | トップページ | 第89回 マネーサプライ »

2009年4月 2日 (木)

第88回 下請代金支払遅延等防止法

さて、第88回は、中小企業政策・経営より「下請代金支払遅延等防止法」です。

「shindan088.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

下請代金支払遅延等防止法

「物品プジョーで運送、一斉にサンOpen超いい感じ。
女性はさぶいって5cm以下に。
チュー即2回したらロマン確定、遅れてチューしろ。」

【ゴロあわせの解説】

物品
プジョー
運送
物品(の製造・修理委託)
ぷじょプログラム作成
運送運送・物品の倉庫における保管
委託業務の内容①
一斉
サンOpen超
いっせい1千万(超)
さん・おぷ・ちょう3億超
①の場合の親事業者と子事業者の区分点(資本金)
女性
さぶ
果物作成
サービス→役務提供委託
委託業務の内容②
いって
5cm以下に
1千
5千
②の場合の親事業者と子事業者の区分点(資本金)
チュー即 文書時発行 親事業者の義務の内容
2 注文書類2年間保管
ロマン
確定
60(ロク・マル)
支払期日確定
れて
チューしろ
延利息
14.6(じゅうし・ろ)%

下請代金支払遅延等防止法

該当するケース

業種

親事業者の資本金

子事業者の資本金

① 物品(の製造、修理委託)

情報成果物作成委託・役務提供委託

(プログラム作成、運送、物品の倉庫における保管、および情報処理に係るもの)

3億円超

3億円以下

3億円以下

  │

1000万超

1000万以下

② 情報成果物作成・役務提供委託(①のもの以外)

5000万超

5000万以下

5000万以下

  │

1000万超

1000万以下

親事業者の義務

注文書作成

注文するときは直ちに取引条件を書いた書面を出す

注文書保管

2年間保管すること

支払期日

注文品を受け取ってから60日以内でできるだけ早く支払期日を定めること

支払遅延利息

注文品受け取り後60日以上支払わない場合は、年率14.6%の遅延利息の支払い義務がある。

親事業者の禁止行為

受領拒否

(子事業者に責任がないのに)注文品などの給付を拒むこと

支払遅延

支払期日までに支払わないこと

代金減額

(子事業者に責任がないのに)下請け代金を減額すること

返品禁止

(子事業者に責任がないのに)一旦給付を受けたものを返品すること

今回の担当は松居でした。

皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

|

« 第87回 「ERPの特徴」 | トップページ | 第89回 マネーサプライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216007/44538869

この記事へのトラックバック一覧です: 第88回 下請代金支払遅延等防止法:

« 第87回 「ERPの特徴」 | トップページ | 第89回 マネーサプライ »