« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月23日 (月)

第87回 「ERPの特徴」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ

今年の1月に発売されました
『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第1巻』
『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第2巻』(同友館)が
おかげさまでみなさまから大好評をいただいております。

当初売れ行きのよさから大規模書店の店頭にない、という
状況でしたが、増刷分が随時補充されておりますのでぜひ、手にとってご覧ください。

今すぐ欲しいという方は
右サイドバーの書籍画像
をクリックすると
amazonのページに飛べますので、そちらでご購入ください。

そして、今なら1巻、2巻を同時で購入された方を
抽選で、「秘伝!診断士暗記術」の公開収録にご招待いたします!

登録者数もついに30,000人を超えました当番組で「今年、必ず合格する」という宣言をすることで、目標をグッと実現へと引き寄せて、笑って来年を迎えましょう!

原稿はこちらで用意しますので、ぜひ気軽にご参加下さい。

今回、第84回につづいてMCをつとめて下さっているくうちゃんもそんな一人です!

みなさまのご応募を、スタッフ一同、お待ちしております。

応募方法は以下の通り
下記のアドレスに
Mail_6_2

①氏名
②フリガナ
③「秘伝!診断士暗記術」(ポッドキャスト、ブログ、書籍など)の感想・希望など
をお送りください。

また、書籍についてはamazonなどのレビュー次回作にも生かしていきたいと思いますので、ご記入をぜひともお願いいたします。

----------

さて、第87回は、経営情報システムより「ERPの特徴」です。

「shindan087.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

ERPの特徴

エロパパ、ベストの補修を用意、なのに前菜でリタイア

エロパパ(EROPAPA)=ERP
ベストベストプラクティス
補修用意保守容易
前菜
リタイアリアタイム処理
 

ERPの特徴について

ERP(Enterprise Resource Planning)は、生産や販売、物流から財務会計や人事といった、これまで別のシステムで管理していた企業内の経営資源の情報を一元管理することにより、効率的な運用を目的としたシステムです。

ERPの特徴は、下記4点になります。

イメージは『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第2巻』の118~119ページ
ご覧ください。

①<ベストプラクティス>
対象とする業種や業界ですでに成功している企業のビジネスプロセスにもとづいてERPは作成されているため、パッケージに業務プロセスを合わせることで高レベルのプロセスを実現できます。
 

②<保守の容易性>
 制度変更や機能拡張などを開発元が行い、バージョンアップという形で提供することにより、保守の負担が少なくなります。

③<全体最適>
営業や製造、といった機能単位ではなく、企業全体を一つの機能体として捉えているため、部分最適ではなく、全体最適の視点で機能が作られています。

  ④<リアルタイム処理>

システム間のインタフェースが不要になるため、ERP内での各処理のデータをリアルタイムに反映し、把握することができます。

今回の担当は番組のテーマ曲でおなじみのKEN46の、46でした。

=====================================

また、多数のみなさまからご要望いただきました、番組のオープニングテーマである

「Drive My Way」の、フルコーラスバージョンが、ようやく下記から聴けるようになりました!

今後は受験のお供になれるよう、iTunesStoreなどからも配信できるようにしたいと

考えていますので、よろしくお願いいたします。

http://www.myspace.com/ken46s

皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2009年3月16日 (月)

第86回 「支出面から見たGDP」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ

大好評をいただいております
『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第1巻』
『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第2巻』(同友館)が
ついに、ついに増刷が決定しました!
これも、みなさまのおかげです。ありがとうございます。
今後とも応援をよろしくお願い申し上げます。

書店にも随時補充されておりますが、
今すぐ欲しいという方は

右サイドバーの書籍画像
をクリックすると
amazonのページに飛べますので、そちらでご購入ください。

そして、今なら1巻、2巻を同時で購入された方を
抽選で、「秘伝!診断士暗記術」の公開収録にご招待いたします!
ただいま、参加希望者の方から多数ご応募いただいております。

毎週約4,000人のリスナーの方がおり、登録者数もついに30,000人を超えました。
そんな当番組で合格するという宣言をすればきっと望みも叶うはず!
思い切って「合格してみせる!」と叫んじゃってください。

原稿はこちらで用意しますので、ぜひ気軽にご参加下さい。
しゃべりに自信がない方は見学だけでもオッケーです!
スタッフ一同、お待ちしております。

応募方法は以下の通り
下記のアドレスに
Mail_6_2

①氏名
②フリガナ
③「秘伝!診断士暗記術」(ポッドキャスト、ブログ、書籍など)の感想・希望など
をお送りください。

また、書籍についてはamazonなどのレビュー次回作にも生かしていきたいと思いますので、ご記入をぜひともお願いいたします。

----------

さて、第86回は、経済学・経済政策より「分配面から見たGDP」です。

「shindan086.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

支出面から見たGDP

師匠は笑止。こっけいな座像を出したが、入りはなし


支出面から見たGDP
=民間・政府最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+輸出-輸入


師匠支出面から見たGDP
笑止=政府最終
こっけいな=国内定資本
座像庫品
した=輸
入りはなし輸入は含まない(-輸入)

支出面から見たGDPについて

詳細は、『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術(第1巻)』20~21ページをご覧ください。

<三面等価の原則>
GDP(国内総生産)は、付加価値の総額としての「生産面」、誰に分配されているかと
いう「分配面」、何に使われているかという「支出面」の3面からとらえることができます。そして、どの面から見ても等しい値となることを三面等価の原則といいます。
今回はそのうちの「支出面」を解説します。

<支出面から見たGDP>


支出面からのGDP
=民間・政府最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+輸出-輸入 

 生産されたGDPはいずれかの用途のために使用されます。民間と政府が使った消費支出とそれと国内の固定資本の形成にあてたお金を足し合わせます。ここでのポイントは積み上がった在庫を支出とみなすことです。さらに、輸出分の支出を足し、輸入分を差し引くことで求められます。

今回の担当はイジューインこと、早野でした。
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2009年3月 9日 (月)

第85回 「分配面から見たGDP」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ

今年の1月に発売されました
『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第1巻』
『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第2巻』(同友館)が
みなさまから大好評をいただいております。

当初売れ行きのよさから大規模書店の店頭にない、という
状況でしたが、随時補充されておりますのでぜひ、手にとってご覧ください。

また、皆様の応援のおかげで、増刷が決定しました。
品薄状態が続いておりましたが、これでしばらくは大丈夫だと思います。
これからも温かい応援をよろしくお願いいたします!

今すぐ欲しいという方は
右サイドバーの書籍画像
をクリックすると
amazonのページに飛べますので、そちらでご購入ください。

そして、今なら1巻、2巻を同時で購入された方を
抽選で、「秘伝!診断士暗記術」の公開収録にご招待いたします!

毎週約4,000人のリスナーの方がおり、登録者数もついに30,000人を超えました。
そんな当番組で合格するという宣言をすればきっと望みも叶うのではないでしょうか。

原稿はこちらで用意しますので、ぜひ気軽にご参加下さい。
スタッフ一同、お待ちしております。

応募方法は以下の通り
下記のアドレスに
Mail_6_2


①氏名
②フリガナ
③「秘伝!診断士暗記術」(ポッドキャスト、ブログ、書籍など)の感想・希望など
をお送りください。

また、書籍についてはamazonなどのレビューも書いていただけると、次回作にも生かしていきたいと思いますので、ぜひともお願いいたします。

----------

さて、第85回は、経済学・経済政策より「分配面から見たGDP」です。

「shindan085.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

分配面から見たGDP

ボンバイエ!報酬・栄誉は根性で。腰の関節技に補助はいらん!

分配面から見たGDP=雇用者報酬+営業余剰・混合所得+固定資本減耗+間接税-補助金

ボンバイエ=(ブンパイエ)分配面から見たGDP
報酬=雇用者報酬
栄誉根性で=剰・
本減耗
関節技間接
補助はいらん補助金は含まない(-補助金)

分配面から見たGDPについて

詳しい解説やイメージ、イメージ図は、『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術(第1巻)』の20~21ページをご覧ください。

<三面等価の原則>
GDP(国内総生産)は、付加価値の総額としての「生産面」、誰に分配されているかと
いう「分配面」、何に使われているかという「支出面」の3面からとらえることができます。そして、どの面から見ても等しい値となることを三面等価の原則といいます。
今回はそのうちの「分配面」を解説します。

<分配面から見たGDP>

 GDP=雇用者報酬+営業余剰・混合所得+固定資本減耗+間接税-補助金 
付加価値の合計であるGDPは、家計、企業、政府のいずれかに分配されます。家計には雇用者の報酬として、企業にしてみれば所得となり、政府から見ると税金収入となります。固定資本減耗とは減価償却費の合計のことです。このとき、補助金は差し引かれます。

イジューインこと、早野でした。
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

第84回 ECRS(リバイバル)

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ

音声でもお伝えしておりましたが、「秘伝!診断士暗記術」が本になりました。
以下に、詳細をお知らせさせて頂きます。

■タイトル  『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第1巻』
        『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術第2巻』
■出版社   同友館
■出版時期  1/24に発売されました!!

紀伊國屋書店さんをはじめ、大きな店舗では取り扱っておりますので、
是非ご覧になって下さい!

皆様も見かけましたら、是非お手にとって見て下さいね!
また、右サイドバーの書籍画像クリックでamazonのページに飛べますので、
こちらもチェックしてみてください!

2月には、amazonの中小企業診断士カテゴリで、堂々の1位、2位独占を果たしました!
また紀伊國屋書店さんなどの書店さんで何度も在庫切れとなってしまい、
購入できなかった方、ご迷惑をおかけいたしました!

これも皆様の応援のおかげです!
これからも、応援よろしくお願いいたします!

1巻、2巻を同時で購入された方には、抽選で、「秘伝!診断士暗記術」の
公開収録にご招待
いたします!!!

毎週、約4,000人の方が聞いていらっしゃいますし、登録者数も先日30,000人を超えました。皆様のアピールにもなりますし、記念にもなるかと思います。

「秘伝!診断士暗記術」の収録に参加して記念を作りましょう!
原稿もこちらで用意しますので、ご心配いりませんよ。

以下のメールアドレスに、

Mail_6_2



①氏名
②フリガナ
③「秘伝!診断士暗記術」の感想・希望など
をお送りください。

また、amazonなどのレビューに書いていただけると、作者として
とてもうれしいです。感想お待ちしていますね!

皆様のご応募どしどしお待ちしています!

今回はくうちゃんに、公開収録に参加していただきました。
くうちゃん、ありがとうございます!!!
くうちゃんのURLに飛びますので、チェックしてみてくださいね♪

----------

第84回は、運営管理より「ECRS」です。

「shindan084.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

========================================================

ECRS

【ゴロ合わせ歌】

「カイゼンの4原則はECRS 肺とお尻を交換するのよ
ハイ ケツ コウ カン
ECRSハイケツコウカン ECRSハイケツコウカン
ECRS  ECRS 排除 結合 交換 簡素化 この順番で~。」

【ゴロ合わせの解説】

改善の4原則 ECRS

  = 
ケツ = 
  = 
  = 素化

「ECRS」

改善を行う場合に基本となる4つの考え方のことで、その4つの頭文字を取って、ECRSとも呼ばれています。このE・C・R・Sの順番に検討して行きます。

イメージ化などは、『秘伝!中小企業診断士一次試験暗記術(第2巻)』10~11ページにありますので、こちらも見てみてください。

①Eliminate(排除):なくせないか。工程や作業について外部に付加価値をもたらさない
活動(たとえば、検査、待ち時間、遅延など)をなくすことです。

②Combine(結合):2つの機能を一緒にできないか。一緒にすることにより、準備の時間および片付けの時間を削減することができます。

③Rearrange(交換):機械化等により、順序の変更はできないか。同じ機能をもつ別の方法に置き換えること。

④Simplify(簡素化):簡素化・単純化できないか。

皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリック、お願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »