« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月27日 (月)

第68回 「4つのブランド戦略」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ

音声でもお伝えしておりましたが、「秘伝!診断士暗記術」が本になります。
以下に、詳細をお知らせさせて頂きます。

■タイトル  『秘伝!診断士一次試験暗記術一巻(仮)』
        『秘伝!診断士一次試験暗記術二巻(仮)』
■出版社   同友館
■出版時期  2008年12月頃

※詳細が決まりましたら、別途お知らせさせて頂きますので、
よろしくお願いいたします。

発売されましたら、ぜひ手にとって頂ければと思います!!

----------

第68回は、企業経営理論より「4つのブランド戦略」です。

「shindan068.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

4つのブランド戦略

ブラ片手にきしんだラブマシーン

ブラブランド戦略、縦軸:ブランド
片手=横軸:製品カテゴリー
存(製品及びブランド名)
しんだ=(製品及びブランド名)
イン拡張
ランド拡張
ルチブランド
シーンブランド

4つのブランド戦略について

こちらはフィリップ・コトラーが提唱した有名なモデル。ブランド名を縦軸にとり、製品カテゴリーを横軸にとっています。以下の4つのブランド戦略を提唱しています。なお、ゴロ合わせで用いる頭文字を太文字にしています。

以下の図が4つのブランド戦略の図です。このゴロ合わせを言いながら、実際に図に書いてみるとよいでしょう。

4_3

ライン拡張: すでに成功したブランド名を使い、製品ラインを広げること。特定の製品カテゴリーに色や形、容器などを変えた新製品を導入すること。ただし、自社製品同士のカニバリゼーション(共食い現象)が起きるリスクを考慮する必要があります。

ブランド拡張: すでに成功したブランド名を使い、新製品や改良製品を新しいカテゴリーに投入すること。ただし、新カテゴリーでブランドの信頼性が低下した場合に、既存ブランドに悪影響を及ぼす可能性があります。

マルチブランド:同一カテゴリーで、新たにブランドを導入すること。小売店の店頭で、より多くの陳列スペースを確保できる、ブランドスイッチする消費者を自社内に囲い込むことができるというメリットがあります。

新ブランド:新たなブランド名を新たな製品カテゴリーに導入すること。ただし、自社の経営資源が分散してしまうということを留意する必要があります。

リンこと、庵谷でした!では、また次回お会いしましょう♪

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

第67回 「店舗の6つの機能」

第67回は、運営管理より「店舗の6つの機能」です。

「shindan067.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

店舗の6つの機能

清楚(せえそ)は有効よ♪

択機能
出機能
求機能
導機能
入促進機能
報発信機能

(2009年11月15日追加)
法改正ではありませんが、1つ機能を加えたゴロ合わせとしました。

音声の解説は以下のとおり、追加となります。お手数をおかけいたしますが、
よろしくお願いいたします。


報発信機能

店舗の5つの機能について

店舗の代表的な機能として以下の5つがあります。

選択機能:商品の選択購買を促す機能。商品陳列を手に取りやすいように低くしたり、POPを活用することなど。

演出機能:商品の魅力を演出し顧客に対しての購買を促す機能。見やすい陳列や色彩、照明など視覚的要素のほか、BGMなど。

訴求機能:店の存在感を演出することで、店舗に気づいてもらう機能。店構え、看板、外装など。

誘導機能:店内へ顧客を誘導し、店に入ってもらうための機能。レイアウトや通路の工夫、入りやすい出入り口、明るい店内など。

購入促進機能:顧客に買ってもらいやすくする機能。販売方法や従業員の対応など。

この5つの機能のほかにも、経営管理機能消費者機能といった機能もありますので、余裕のある方は一緒に覚えましょう!

リンこと、庵谷でした!では、また次回お会いしましょう♪

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月)

第66回 「流動資産担保融資保障制度」

第66回は、中小企業経営・中小企業政策より「流動資産担保融資保障制度」です。

「shindan066.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

流動資産担保融資保証制度

ルーシーはうるさいだけでなく楽しい。星にハーパン、ユニコーン。

ルーシー産担保保証制度
うるさい
(たの)=卸資産
い=用保証協会
法人限定
=保証限度額2億円
ハーパン=(保障割合が)80%
ユニコーン=資限度額は25万円

流動資産担保融資保証制度

流動資産担保融資保証制度は、以前あった制度「売掛債権担保保障制度」に代わり、対象を売掛債権だけでなく、一定の条件のもとで棚卸資産まで保障範囲を広げるという制度です。

平成15年、17年、19年と出題されていますので、平成21年の本試験で出題される可能性がありますので、しっかりと特徴を覚えましょう。

流動資産担保融資保証制度の概要は以下の通りです。ゴロ合わせとの対応を確認しながら覚えましょう!

項目 特徴など ゴロ合わせ
保障対象 従来は売掛債権のみ→現在は
棚卸資産へ範囲を拡大
うるさいだけ
でなく
中核機関 信用保証協会
対象者 (売掛債権か棚卸資産)対象は中小企業者
(棚卸資産)対象は
人限定
保障限度額 2億円
保障割合 80% ハーパン
融資限度額 2億5000万円(貸付ベース) ユニコーン

リンこと、庵谷でした!では、また次回お会いしましょう♪

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

第65回 営業CF(直接法)

第65回は、財務会計より「営業キャッシュフロー(直接法)です。

「shindan065.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の帯プイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

営業キャッシュフロー(直接法)

「ええか、新人、影見せんと思えば『うるさいぜ!』。
限界だなお前には、反感が止みはせず。退職しようよ」

税引前当期純利益 -
営業収入 ええか= 売上高
売上債権の増減
前受金の増減
うる上高
さい=売上
=(ぜん)受金
仕入れによる支出 入れ 売上原価
買入債務の増減
棚卸資産の増減
前払金の増減
=売上
入債務
だな卸資産
払金 
人件費の支出 件費 販管費(人件費分)
役員賞与金
未払金・未払費用の増減
退職給付引当金
賞与引当金
反感販管
員賞与金
みは未払金・未払費用
退職退職給付引当金
しようよ賞与引当金
その他の営業支出
-貸倒引当金
-減価償却費
-未払費用
-前払費用
倒引当金+価償却費
払費用
せん払費用
小計
配当金・利息(取) (以下は間接法と同じ)
利息(支払)
損害賠償金の支払
法人税等の支払
営業活動CFの合計

※ PL上の科目はそのままの値を使いますが、BS上の科目は、前年度からの増減を使いますのでご注意ください。

※ CFの計算では、各行をプラスするかマイナスするかも要ですが、ゴロあわせではここまでカバーしていません。この符号については、各項目がキャッシュアウトフローなのかキャッシュインフローなのかを考えれば、符号を決めるのは難しくないと思います。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »