« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

第56回 中小企業の定義(1)

第56回は、中小企業経営・政策から 「中小企業の定義(1)」です。

「shindan056.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

中小企業の定義(1) : 中小企業基本法による区分

「名産大市、勝算半々、最後行かん!」

まず前半で、資本金の制限を覚えます。

名産 = メー3→メーカー(製造業)が

大市=オー1→売業が1

勝算半々=小・サ半々→売業とービス業が5千万(1億の半分)

後半、同じ順番で、従業員数の制限を覚えます。

先ほどと同じ「製造業」、「卸売業」、小売業」、「サービス業」の順に、

「最後いかん」 →3・1・5・1ハン(ハンドレッド=) → 300人、100人、50人、100

中小企業基本法による中小企業の定義

中小企業基本法上では、4つの業種に分けて、それぞれの規模を資本金と従業員数で判断し、一定の規模以下のものを中小企業としています。

資本金 従業員数
製造業 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
小売業 5000万円以下 50人以下
サービス業 5000万円以下 100人以下

小規模企業に対する優遇措置

更に小さな企業業規模として小規模企業というのがあり、各種の優遇措置が用意されています。

小規模企業の条件 : 従業員数 20人以下
(ただし、商業、サービス業は5人以下)


優遇措置:

- 設備資金貸付事業(無利子で貸付)および設備貸与事業(低利で割賦・リース)の利用

- 小規模企業共済制度の利用(経営者のための退職金共済制度、納付掛金の範囲で貸付も受けられる)

- 小企業等経営改善資金融資制度(マル経) の利用(国民生活金融公庫の無担保、無保証人、低利の融資制度)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

第55回 「シリアルインタフェースとパラレルインタフェース」

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ①

音声でもお伝えしておりましたが、以下お知らせさせて頂きます!

「秘伝!診断士暗記術」が6月末で、一周年を迎えました。
また、5月の終わりにはpodcastの登録者数が10,000人を超えました。

さらにさらに、番組の配信数も50回を超えました!

ここまで、「秘伝!診断士暗記術」を続けてこれたのは、
今聞いて下さっている皆様の温かい応援の声があったからだと思います。

これからも、皆様の暗記地獄のオアシスのような存在でいれるよう、
続けていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いいたします!!

また、番組の感想などございましたら、Mail_6に、メール下さい。
メールいただけるととても元気になります。

中小企業診断士暗記研究会からのお知らせ②

先日から、オープニングテーマの曲が変わりました。

【歌手名】 KEN46
【曲名】 Drive my way

KEN46はなんと、二ヶ月君と、リンこと庵谷(いおりたに)により結成されたバンドです。
エンディングテーマの「つかんで」とともに、受験生応援歌となっています。

また、新曲ができましたら、お伝えしますので、
こちらも楽しみにしていてくださいね!

歌の感想もありましたら、こちらも上記メールアドレスまで、
どしどしお便り楽しみにしています!

--------------------------------------------------------

第55回は、経営情報システムから 「シリアルインタフェースとパラレルインタフェース」です。

「shindan055.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

公開鍵と秘密鍵

「汁いい!パスせんといて!」

「シ」=シリアルインタフェース

「ル」=(RU)=R=RS-232C、U=USB

「いい」=(II)=I=IEEE1394

「パ」=パラレルインタフェース

「ス」=SCSI

「セント」=セントロニクス

「いて」IDE

シリアルインタフェースとパラレルインタフェース

①シリアルインタフェース

データ伝送方式のうち、デジタルデータを1ビットずつ順次伝送する方式や接続インターフェースのことである。代表的なものとして以下のものがあります。

・RS-232C
・USB
・IEEE1394

②パラレルインタフェース

パラレルデータを複数ビット同時に転送するためのインターフェースのことで.パソコンと,プリンタ/スキャナ/外部記憶装置などとの接続に使われているもので以下のものがあります。

・SCSI
・セントロニクス
・IDE

インタフェースの問題が出た時は、このゴロ合わせを覚えていれば、頭文字で正解できますね。

たとえば、SCSIが問題に出たとしたら、「パスせんと」の「ス」だから、パラレルインタフェースだと簡単に答えが導き出せます。

ゴロ合わせを使うことで、皆様の暗記地獄が少しでも低減されればといつも思っています。

それでは、また、来週!
次週は中小企業経営・政策です!庵谷でした!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »