« 第48回 「ライリーの法則」 | トップページ | 第50回 「コンバースの法則」 »

2008年5月26日 (月)

第49回「ライリー&コンバースの法則」

第49回は、運営管理から商圏分析シリーズ②「ライリー&コンバースの法則」です。

「shindan049.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

ライリー&コンバースの法則

「デブは ダブった 1年足して ルーとパパ、プレイボーイ」

Raikon_2 

デブは =Db(都市Bと商圏分岐点の距離)

ダブった=Dab(都市Aと都市B間の距離)

1年足して=1+

ルーと=√(ルート)

パパ=Pa(都市Aの人口)

プレイボーイ=Pb(都市Bの人口)

Raikonkaisetu

ライリーの法則とは・・・

コンバースさんがライリーの法則を用いて「2つの都市の商圏分岐点」を算出したものです。

<例題> 都市Aと都市Bは30キロ離れており、都市Aの人口は64万人、都市Bの人口16万人とする。都市Bと商圏分岐点間の距離は何キロか?

Dab=30

Pa=64 Pb=16を当てはめると解答(Db)=10キロとなります。

次回は商圏分析シリーズ③完結版「コンバースの法則」です。

|

« 第48回 「ライリーの法則」 | トップページ | 第50回 「コンバースの法則」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216007/41327028

この記事へのトラックバック一覧です: 第49回「ライリー&コンバースの法則」:

« 第48回 「ライリーの法則」 | トップページ | 第50回 「コンバースの法則」 »