« 第45回 「典型契約の分類」 | トップページ | 第47回 「ドラッカーによるイノベーションのための7つの機会」 »

2008年5月 6日 (火)

第46回 「色の3要素」

第46回は、運営管理から 「色の3要素」です。

「shindan046.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

色の3要素

「しめサバ、種あかすとあざやかさ

しめサバ「し」「め」「さ」=色相、明度、彩度

種=種類

あかす=明るさ

あざやかさ=鮮やかさ

ポッドキャストで触れなかった点をさらに詳しく解説していきます。

色の3要素について~解説~

①色相:色みの違いのこと。例えば、赤、青、黄、緑、紫などの色の種類。また色相を円上に配置したものを色相環と言い、色相環の正反対に位置する色のことを補色と呼びます。

②明度:色の属性の一つで、その色の明暗の度合、つまり明るさのこと。明度は100%が最高であり、がそれにあたる。また、0%が最低であり、がそれにあたる。

③彩度:色の鮮やかさのことである。色味の強さのことで、有彩色(無彩色以外のすべての色)では純色(赤、青、黄)が最も高く、にごりが増えるにつれ彩度が低くなる。無彩色(白から灰色を経由し黒に至る色)の彩度は0となる。

それでは、今回はここまでということでまた次週お会いしましょう!

|

« 第45回 「典型契約の分類」 | トップページ | 第47回 「ドラッカーによるイノベーションのための7つの機会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216007/40907001

この記事へのトラックバック一覧です: 第46回 「色の3要素」:

« 第45回 「典型契約の分類」 | トップページ | 第47回 「ドラッカーによるイノベーションのための7つの機会」 »