« 第37回 「プログラム言語 その4」 | トップページ | 第39回 「新製品開発プロセス」 »

2008年2月28日 (木)

第38回 「工程分析の基本図記号」

第38回は、運営管理から 「工程分析の基本図記号」です。

「shindan038.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
=====================================

工程分析 基本図記号

かたまる うんちこまる

長さん タイでデッド

数ある資格の中でも 質はダイヤ これ基本

か(た)まる=工 ○(まる

うん(ち)こまる=搬 。(こまる

長さん=蔵 ▽(さんかく)

タイ(で)デ(ッド)=留 D(ィー)

数(ある)資格=量検査 □(四角

質(は)ダイヤ=品検査 ◇(ダイヤ

(これ)基本=基本図記号

ポッドキャストで触れなかった点をさらに詳しく解説していきます。

工程分析 基本図記号~解説~

工程分析とは「生産対象物が製品になる過程、作業者の作業活動、運搬過程を系統的に、対象に適合した図記号で表して調査・分析する手法」です。作業を 加工、運搬、検査、停滞 の基本要素(工程)によって表現・把握し、その編成の合理化によって作業の改善を図っていきます。

工程図記号

JISによって定められています。生産対象物に変化を与える過程をこの工程図記号で示した図を工程図といいます。その工程図記号は基本図記号と補助図記号などに区分されます。

Kihon2_7

※読み方は当番組用に覚えやすくするためにアレンジしたものです。

知識の効率的な「貯蔵」を心がけて、がんばってください!

|

« 第37回 「プログラム言語 その4」 | トップページ | 第39回 「新製品開発プロセス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216007/40296973

この記事へのトラックバック一覧です: 第38回 「工程分析の基本図記号」:

« 第37回 「プログラム言語 その4」 | トップページ | 第39回 「新製品開発プロセス」 »