« 第35回 「プログラム言語 その2」 | トップページ | 第37回 「プログラム言語 その4」 »

2008年2月12日 (火)

第36回 「プログラム言語 その3」

第36回は、経営情報システムから 「プログラム言語 その3」です。

「shindan036.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
=====================================

プログラム言語 その3

3回目の今回は、C言語およびそれから派生したC++やJavaについて覚えましょう。

「Seaのうにのスープじゃわい、Oh 至高!」

「Seaのうに」で「C」言語がOSの一種の「Unix」の記述に使われているものであることを示しています。

「スープ」が「C++=シープラプラ」、「じゃわい」が「Java」、「Oh至高」が「オブジェクト指向」の略となっており、C++とJavaがオブジェクト指向言語であることを示しています。

C言語

90年代に広く標準的な言語として使われた。非常に汎用性があり、現在でも高信頼性が求められるサーバシステムでよく使われるUnix OSなどは、このC言語で記述されている。

C++

C言語にオブジェクト指向の特徴を取り入れた言語。プログラムのモジュール化が容易で、再利用がし易くなる。

Java

C++をベースとして開発された言語だが、初めてOSの種類に依存しないでどんなコンピュータでも実行できる言語として登場。 WindowsでもMacでもUnixでも動作するため、インターネットの普及とともに急速に広がった。

Unix

今のインターネットの標準(プロトコル)を始めて実装したOSとして登場し、インターネットにおけるサーバOSとして広く利用された。Windowsがパソコンだけでなくサーバシステムに広く使われるようになった現在も、高信頼性が求められるシステムではこのOSで動作していることが多い。

|

« 第35回 「プログラム言語 その2」 | トップページ | 第37回 「プログラム言語 その4」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216007/17946742

この記事へのトラックバック一覧です: 第36回 「プログラム言語 その3」:

« 第35回 「プログラム言語 その2」 | トップページ | 第37回 「プログラム言語 その4」 »