« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

第38回 「工程分析の基本図記号」

第38回は、運営管理から 「工程分析の基本図記号」です。

「shindan038.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
=====================================

工程分析 基本図記号

かたまる うんちこまる

長さん タイでデッド

数ある資格の中でも 質はダイヤ これ基本

か(た)まる=工 ○(まる

うん(ち)こまる=搬 。(こまる

長さん=蔵 ▽(さんかく)

タイ(で)デ(ッド)=留 D(ィー)

数(ある)資格=量検査 □(四角

質(は)ダイヤ=品検査 ◇(ダイヤ

(これ)基本=基本図記号

ポッドキャストで触れなかった点をさらに詳しく解説していきます。

工程分析 基本図記号~解説~

工程分析とは「生産対象物が製品になる過程、作業者の作業活動、運搬過程を系統的に、対象に適合した図記号で表して調査・分析する手法」です。作業を 加工、運搬、検査、停滞 の基本要素(工程)によって表現・把握し、その編成の合理化によって作業の改善を図っていきます。

工程図記号

JISによって定められています。生産対象物に変化を与える過程をこの工程図記号で示した図を工程図といいます。その工程図記号は基本図記号と補助図記号などに区分されます。

Kihon2_7

※読み方は当番組用に覚えやすくするためにアレンジしたものです。

知識の効率的な「貯蔵」を心がけて、がんばってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

第37回 「プログラム言語 その4」

第37回は、経営情報システムから 「プログラム言語 その4」です。

「shindan037.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
=====================================

プログラム言語 その4

プログラム言語シリーズ 最終回の今回は、WEBで使用される、html, xml, Perl, JavaScriptを覚えます。

「ホームページのH止まらない。Xはまり、たぐってつなげる。引っ張ーる指示、じゃあすぐ動かして!」

「H止まらない」が「html」、「Xはまり」が「xml」、「たぐってつなげる」が「Tag言語」と「繋げる」を意味し、xmlがシステムの接続やデータ交換につなげるために使われることを示しています。「引っ張ーる指示」は「Perl」が「CGI」であり、「じゃあすぐ」が「JavaScript

、「動かして」がJavaScriptがホームページに動きを与えたりするときに使われることを示しています。

html

ホームページ(WEBページ)を記述する言語。テキスト(文字)データをタグ(注記)で囲んだだけのシンプルな形式で、WEBブラウザさえあればどんなコンピュータでも見れるため、インターネットの普及と共に拡がった。

xml

htmlと同様なタグ言語。htmlと異なり、利用者が自分でタグを定義して使うのが特徴。csv形式と共に、システム連携やデータ交換の際のデータ形式として使われる。

perl

CGI(Common Gateway Interface)の開発によく使われる。インタプリタ言語で初心者でも扱いやすい。

CGI(Common Gateway Interface)

サーバがWEBブラウザからの要求に応じてプログラムを起動するための仕組み。CGIを使うことで、サーバからの情報の一方通行ではなく、サーバ側に情報を送出して処理を行わせることが可能になる。

JavaScript

WEBページに動きを与えるために使われる言語で、WEBブラウザ上で実行される。Javaに似た記述法がとられているためこう呼ばれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

第36回 「プログラム言語 その3」

第36回は、経営情報システムから 「プログラム言語 その3」です。

「shindan036.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
=====================================

プログラム言語 その3

3回目の今回は、C言語およびそれから派生したC++やJavaについて覚えましょう。

「Seaのうにのスープじゃわい、Oh 至高!」

「Seaのうに」で「C」言語がOSの一種の「Unix」の記述に使われているものであることを示しています。

「スープ」が「C++=シープラプラ」、「じゃわい」が「Java」、「Oh至高」が「オブジェクト指向」の略となっており、C++とJavaがオブジェクト指向言語であることを示しています。

C言語

90年代に広く標準的な言語として使われた。非常に汎用性があり、現在でも高信頼性が求められるサーバシステムでよく使われるUnix OSなどは、このC言語で記述されている。

C++

C言語にオブジェクト指向の特徴を取り入れた言語。プログラムのモジュール化が容易で、再利用がし易くなる。

Java

C++をベースとして開発された言語だが、初めてOSの種類に依存しないでどんなコンピュータでも実行できる言語として登場。 WindowsでもMacでもUnixでも動作するため、インターネットの普及とともに急速に広がった。

Unix

今のインターネットの標準(プロトコル)を始めて実装したOSとして登場し、インターネットにおけるサーバOSとして広く利用された。Windowsがパソコンだけでなくサーバシステムに広く使われるようになった現在も、高信頼性が求められるシステムではこのOSで動作していることが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

第35回 「プログラム言語 その2」

第35回は、経営情報システムから 「プログラム言語 その2」です。

「shindan035.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
=====================================

プログラム言語 その2

第2回目の今回は、COBOLとFORTRANについて覚えましょう。

「かわいこぶる事務の娘、鍵、放っとるな!」

前半はCOBOLの説明です。かわいこぶるの「こぶる」が「COBOL」、「事務」がCOBOLが「事務処理計算」のプログラムなどに良く使われていることを示しています。

後半がFortranの説明です。「鍵」が「科技=科学技術」、「放っとるな」が「Fortran」を示しています。

COBOL

ホストコンピュータで動く基幹系や勘定系のシステムの開発によく使われた言語。

Fortran:

大学などで科学技術計算のプログラム開発などに良く使われた言語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »